コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排満興漢 はいまんこうかんPai-man-xing-han; P`ai-man-hsing-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

排満興漢
はいまんこうかん
Pai-man-xing-han; P`ai-man-hsing-han

滅満興漢ともいう。清朝支配下の中国における革命運動のスローガン。満州人の王朝である清朝を打倒し,中国人の国家を復興する意。清朝成立後,天地会,洪門会などの会党は清朝打倒,明朝復活を目指す「反清復明」をスローガンとしていたが,19世紀の太平天国は,明朝の復活を目的とはせず,中国人国家の復興を目指した。清末になると共和国家建設を目指す民主主義思想と結合した「排満興漢」の民族革命論が鼓吹され,孫文ら革命派の最大最重要のスローガンとみなされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

排満興漢の関連キーワード明夷待訪録章 炳麟

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android