コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掖邪狗 えきやく

1件 の用語解説(掖邪狗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

掖邪狗 えきやく

?-? 3世紀中ごろの官吏。
邪馬台国(やまたいこく)の大夫(たいふ)。卑弥呼(ひみこ)の使者として魏(ぎ)(中国)の正始(せいし)4年(243)魏に派遣され,率善中郎将(そつぜんちゅうろうしょう)の印綬をうける。卑弥呼死後の壱与(いよ)(台与(とよ))政権下でも,帰国する魏の使者をおくるため派遣された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

掖邪狗の関連キーワードアモス魏志倭人伝狗奴国フン族邪馬台国竜樹邪馬台国論争と纒向遺跡葛城山田瑞子許勢稲持安本美典

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone