コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印綬 いんじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印綬
いんじゅ

官吏の身分を示すと環につける組紐。この制は漢に始り,列侯将相は金印,御史大夫以下は銀印青綬で,ほかに銅印の黒綬,黄綬がある。金銀印は日本の勅任官,銅印は奏任官以下に相当。倭の女王卑弥呼が金印紫綬を授与されたのは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐じゅ【印×綬】

古代中国で、官吏がその身分や地位を示すしるしとして天子から賜った、印およびそれを下げるための組み紐(ひも)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

印綬【いんじゅ】

漢委奴国王印

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんじゅ【印綬 yìn shòu】

中国で用いられた官職印とそれを身につけるための帯状の組みひも。《後漢書》輿服志によれば,上古には君臣はそれぞれ佩(おびだま)や韍(ひざかけ)を身につけて,その尊卑を示したが,戦国の世になって戦乱が続き,この制が廃れて,ただ身につける璲玉(すいぎよく)だけを残した。秦になってから,これを整理し,色分けされた組みひもで璲玉をつなぎとめ,地位を明示するようになった。これが〈綬〉である。この綬に官職印をつないで腰につけたので印綬という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いんじゅ【印綬】

身分や位階を表す官印と、それを結び下げる組紐くみひも。 〔昔、中国で官吏に任命されるとき、天子からそのしるしとして与えられた〕
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の印綬の言及

【印刷】より

…中国では漢以前から銅その他の金属を鋳造した印が多く使用され,封印にも使用されたことはあるが,代表的なものは官職印であった。官職に就くことを〈印綬を帯びる〉というが,任官すると官職名を鋳(い)こんだ印を皇帝から授けられ,これを身体につけたのである。福岡県で出土した有名な〈漢委奴国王印〉は黄金製である。…

【印章】より

…この官印はその官職任命の証拠として授けられ,地位を失えば奪われた。印面は方寸(1寸四方,ほぼ22~23mm四方)で,文字は繆篆(びゆうてん)(模印篆)の書体で陰刻,鈕制は亀鈕,鼻鈕のほか駝鈕(北方異民族),蛇鈕(南方異民族)などで,鈕に孔をあけて〈丈二の組〉という1丈2尺の印綬(ひも)をとおし佩帯する。印綬は百官は身分により上から〈金印紫綬〉〈銀印青綬〉〈銅印黒綬〉と色が定まっていた。…

※「印綬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

印綬の関連キーワード允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲儒・受・呪・壽・寿・戍・授・樹・綬・聚・豎・需志賀島の国宝金印奴国(なこく)漢倭奴国王印倭奴国王印印・標・証掖邪狗帯びる変通星通変星軍の君洛陽印章奴国馬韓解く青紫