壱与(読み)イヨ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱与 いよ

?-? 3世紀の邪馬台国(やまたいこく)の女王。
魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」によると,魏の正始8年(247)ごろ,卑弥呼(ひみこ)の死後にたった男王に国中がしたがわず争乱となったため,卑弥呼の同族の娘壱与が13歳で王となる。その後魏の都洛陽(らくよう)へ使者を派遣し,男女の生口(奴婢)30人を献じた。名は台与(とよ)とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いよ【壱与】

邪馬台国の女王卑弥呼の宗女。「魏志倭人伝」に卑弥呼の死後、一三歳の壱与を立てて国の内乱を治めたという。魏に遣使。 〔「壹(壱)」は「臺」の誤写とし臺與とよとする説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android