コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壱与 イヨ

3件 の用語解説(壱与の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いよ【壱与】

魏志倭人伝(ぎしわじんでん)にみえる、3世紀ごろのの女王。卑弥呼(ひみこ)の死後、国中が内乱となったが、13歳になる同族の壱与が女王となって乱が治まったという。
[補説]「臺与(とよ)」の誤写とみる説もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱与 いよ

?-? 3世紀の邪馬台国(やまたいこく)の女王。
魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」によると,魏の正始8年(247)ごろ,卑弥呼(ひみこ)の死後にたった男王に国中がしたがわず争乱となったため,卑弥呼の同族の娘壱与が13歳で王となる。その後魏の都洛陽(らくよう)へ使者を派遣し,男女の生口(奴婢)30人を献じた。名は台与(とよ)とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いよ【壱与】

邪馬台国の女王卑弥呼の宗女。「魏志倭人伝」に卑弥呼の死後、一三歳の壱与を立てて国の内乱を治めたという。魏に遣使。 〔「壹(壱)」は「臺」の誤写とし臺與とよとする説もある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壱与の関連キーワード魏志倭人伝狗奴国邪馬台国一大率臺與邪馬台国論争と纒向遺跡掖邪狗宮崎康平邪馬台国論争

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壱与の関連情報