掠む(読み)カスム

デジタル大辞泉の解説

かす・む【×掠む】

[動マ四]
奪い取る。
「他の怨敵に―・まれて、其の国土を破壊せむ」〈西大寺本金光明最勝王経平安初期点〉
人の目を盗む。こっそり行動する。
「―・んで竹生島へ参ってござる」〈虎明狂・ぬらぬら〉
[動マ下二]かす(掠)める」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かすむ【掠む】

( 動四 )
人の物をさっと奪い取る。 「しばしば人民を-・む/日本書紀 景行訓
人目をごまかす。あざむく。 「主の身代空になし天道を-・めをる/浄瑠璃・長町女腹切
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android