コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掠める カスメル

デジタル大辞泉の解説

かす・める【×掠める】

[動マ下一][文]かす・む[マ下二]
すきをうかがって、すばやく盗む。「財布を―・める」
人の見ていないすきに、こっそり何かをする。「上役の目を―・めてサボる」
すれすれに通り過ぎる。かする。「ツバメが軒先を―・めて飛ぶ」
思いなどがちょっと現れてすぐ消える。よぎる。「不安が脳裏を―・める」
ほのめかす。
「あらはに言ひなさで、―・め愁へ給ふ」〈東屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かすめる【掠める】

( 動下一 ) [文] マ下二 かす・む
〔「掠る」と同源〕
すきをねらってすばやく盗む。 「すきをみて、カキを-・めてきた」
(多く「目をかすめて」の形で)ある人のすきをねらって、ちょっとした悪事をする意をいう。 「親の目を-・めて小金こがねを持ち出す」
今にも触れそうにして、す早く通り過ぎる。 「軒を-・めて飛ぶツバメ」 「台風九号は本土を-・めて通りそうだ」
ほんの一時、生じてすぐ消える。 「後悔の念が一瞬、脳裏を-・めた」 「大村の顔を、微かな微笑が-・めて過ぎた/青年 鷗外
ほのめかす。におわす。 「うとくおぼいたる事などうち-・め、恨みなどするに/枕草子 36
だます。欺く。 「上を-・むる証拠に若宮を奪ひ奏聞せん/浄瑠璃・松風村雨」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掠めるの関連キーワード上役

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android