怨敵(読み)オンテキ

大辞林 第三版の解説

おんてき【怨敵】

〔古くは「おんでき」〕
深いうらみのある敵。かたき。 「戒円こそ仏法王法の-なれ/義経記 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android