コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採収率[原油,ガス] さいしゅうりつげんゆ,ガス recovery factor (of oil or gas)

1件 の用語解説(採収率[原油,ガス]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採収率[原油,ガス]
さいしゅうりつげんゆ,ガス
recovery factor (of oil or gas)

原始埋蔵量に対する累計生産量の比で,回収率ともいう。また油層から油やガスがもはや採取されなくなるまでの採収率を最終採収率と呼ぶ。採収率は油層の排油形式や採油法によって異なってくる。自噴採油ではガス圧入法の場合5~30%,油層上部に自由ガスがある場合はその大小で異なるが 20~40%,水攻法では 35~75%とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

採収率[原油,ガス]の関連キーワード確認埋蔵量可採埋蔵量原始埋蔵量生産性穀物自給率穀物総生産量ガーネイの式確定埋蔵量推定埋蔵量石炭埋蔵量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone