コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自噴 じふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自噴
じふん

自力でガスや油,水を出する状態をいう。これは貯留層内にガスや油を噴出させるだけのエネルギーを保有しているからである。この自噴圧は一般に油層圧のほうが坑井内の油柱圧より高いために生じるもので,坑底圧が採油の進展に伴って低下して自噴しなくなれば,ポンプを利用するとか,油層内の圧力を人工的に高めて油を採取する方法がとられる。 (→3次回収法 , 2次回収法 , ポンプ採油 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐ふん【自噴】

[名](スル)石油や温泉などが自然に地下から噴き出ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

自噴【じふん】

油層や地下水層に井戸を掘ったとき高圧状態で存在する石油・ガスや地下水が噴出する現象。これによる採油を自噴採油という。地下水の場合は不透水層を掘り抜いた井戸で自噴がみられ自噴井と呼ばれる。
→関連項目井戸被圧地下水

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じふん【自噴】

( 名 ) スル
地下水・温泉水・石油などが自然に地中から噴き出すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自噴の関連キーワード採収率[原油,ガス]アンシュン(安順)市鑽井盆地・鑚井盆地クリスマス・ツリー常磐湯本[温泉]壱岐湯ノ本温泉スワッビング湯平[温泉]東予[市]大鑽井盆地宝泉寺温泉湯の台温泉ザクム油田掘抜き井戸ホリプール西条の七草うちぬき長湯温泉自噴井戸蔵王温泉

自噴の関連情報