コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自噴 じふん

4件 の用語解説(自噴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自噴
じふん

自力でガスや油,水を噴出する状態をいう。これは貯留層内にガスや油を噴出させるだけのエネルギーを保有しているからである。この自噴圧は一般に油層圧のほうが坑井内の油柱圧より高いために生じるもので,坑底圧が採油の進展に伴って低下して自噴しなくなれば,ポンプを利用するとか,油層内の圧力を人工的に高めて油を採取する方法がとられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じ‐ふん【自噴】

[名](スル)石油や温泉などが自然に地下から噴き出ること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

自噴【じふん】

油層や地下水層に井戸を掘ったとき高圧状態で存在する石油・ガスや地下水が噴出する現象。これによる採油を自噴採油という。地下水の場合は不透水層を掘り抜いた井戸で自噴がみられ自噴井と呼ばれる
→関連項目井戸被圧地下水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じふん【自噴】

( 名 ) スル
地下水・温泉水・石油などが自然に地中から噴き出すこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自噴の関連キーワード放射平衡ガス井自力すやり霞幽体離脱ガス火山ガス火山区traffic絶縁現象自力発走

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自噴の関連情報