コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

探志 たんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

探志 たんし

?-? 江戸時代前期の俳人。
元禄(げんろく)(1688-1704)ごろの近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)の鞘師(さやし)。蕉門。作品は「ひさご」「千句づか」などにのせられている。通称は小兵衛。別号に探芝,探旨。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

探志の関連キーワード俳人元禄

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android