コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触反応戦争 せっしょくはんのうせんそうcatalytic war

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接触反応戦争
せっしょくはんのうせんそう
catalytic war

触媒反応戦争とも呼ばれる。第三国間で始った核戦争に,誤って核保有国が加わるという核戦略用語。核保有国であるA国がB国に対して核ミサイルを発射した場合に,C国が自国に対する攻撃が始ったと誤って判断し,A国に対して核ミサイルをもって「報復攻撃」を加えることによって引起される戦争。第1世代核運搬体系の時代には,ミサイル発射準備に時間がかかったために,A国のミサイルの目標を判断できる前に発射準備に入らなければならなかったが,現在では短時間に発射しうること,堅固化がはかられつつあること,さらに偵察衛星,ホットラインなどによって,接触戦争の危険は減ったといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android