コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偵察衛星 ていさつえいせいreconnaissance satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偵察衛星
ていさつえいせい
reconnaissance satellite

軌道上から地球上の軍事目標を偵察する機能をもつ人工衛星。通称スパイ衛星。アメリカの偵察衛星は 1960年に,サモス衛星が最初に打上げられ,ビッグバード,キーホール KH (→KH偵察衛星 ) ,ラクロス (→ラクロス・レーダ偵察衛星 ) などの衛星が実用化されている。ビッグバードは,3~6ヵ月間軌道上にあって,テレビジョン監視を行い,必要に応じて写真撮影を行う。フィルムはカプセルに入れて回収する。軌道の高さは低く,解像力は 1m以内であるといわれる。キーホール衛星はビッグバードが発見した目標をさらに詳しく偵察するために用いられており,ラクロスはレーダ偵察衛星で,その解像力は 1m程度といわれている。ソ連も偵察衛星と推定されるものを1年間 20~30個打上げていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていさつ‐えいせい〔‐ヱイセイ〕【偵察衛星】

スパイ衛星

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

偵察衛星【ていさつえいせい】

光,電波や赤外線などを使用して宇宙から外国の地表を偵察する軍事衛星査察衛星ともいい,広域用と精密用の2種類がある。米国は1970年代以降ビッグバードと呼ばれる広域写真偵察衛星を運用しているが,これは撮影したフィルムをカプセルで投下し,C130輸送機が空中でキャッチする方式。
→関連項目サモス衛星TMD偵察機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の偵察衛星の言及

【軍事衛星】より

…軍事衛星には,次のような種類がある。
[通信衛星]
 戦略・戦術通信のほか,偵察衛星や気象衛星などのデータを中継する目的の衛星。民間の通信衛星とは使用周波数帯が異なり,対妨害性,秘匿機能および高い残存性をもつ。…

※「偵察衛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

偵察衛星の関連キーワードオープンスカイズ条約北朝鮮の核兵器製造エリオス偵察衛星ディスカバラーカムフラージュ対潜兵器体系コスモス衛星接触反応戦争国際査察制度ヒューミント情報収集衛星宇宙基本法先制攻撃論SAMOS情報機関ビリリオ宇宙条約軍事技術保障措置コスモス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偵察衛星の関連情報