コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偵察衛星 ていさつえいせいreconnaissance satellite

3件 の用語解説(偵察衛星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偵察衛星
ていさつえいせい
reconnaissance satellite

軌道上から地球上の軍事目標を偵察する機能をもつ人工衛星。通称スパイ衛星アメリカ偵察衛星は 1960年に,サモス衛星が最初に打上げられ,ビッグバード,キーホール KH (→KH偵察衛星 ) ,ラクロス (→ラクロス・レーダ偵察衛星 ) などの衛星が実用化されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

偵察衛星【ていさつえいせい】

光,電波や赤外線などを使用して宇宙から外国の地表を偵察する軍事衛星査察衛星ともいい,広域用と精密用の2種類がある。米国は1970年代以降ビッグバードと呼ばれる広域写真偵察衛星を運用しているが,これは撮影したフィルムカプセルで投下し,C130輸送機が空中でキャッチする方式。
→関連項目サモス衛星TMD偵察機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の偵察衛星の言及

【軍事衛星】より

…軍事衛星には,次のような種類がある。
[通信衛星]
 戦略・戦術通信のほか,偵察衛星や気象衛星などのデータを中継する目的の衛星。民間の通信衛星とは使用周波数帯が異なり,対妨害性,秘匿機能および高い残存性をもつ。…

※「偵察衛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偵察衛星の関連情報