推問使(読み)すいもんし

大辞林 第三版の解説

すいもんし【推問使】

事件の調査のために派遣される使者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すいもん‐し【推問使】

〘名〙 事件調査のために派遣される使者
※日本紀略‐延喜二年(902)九月二〇日「遣推問使於越後国、彼国守紀有世為藤原有度、落髪着鉗之由」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android