揆を一にする(読み)キヲイツニスル

大辞林 第三版の解説

きをいつにする【揆を一にする】

〔孟子 離婁下
やり方を同じくする。方法が同じである。 → を一にする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き【揆】 を=一(いつ)にする[=同(おな)じゅうする]

みちが同じである。同じやり方をする。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「諸国の歴史其を同ふせり」 〔孟子‐離婁・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android