コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田口卯吉 たぐち うきち

10件 の用語解説(田口卯吉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田口卯吉

経済学者。徳川幕府の徒士の子。号鼎軒。大蔵省勤務。『東京経済雑誌』創刊、自由主義経済の立場から保護貿易論や政府の経済政策を批判する。『大日本人名辞書』編纂刊行。鉄道会社々長。法学博士。『史海』『史料通信双書』の発行。『鼎軒田口卯吉全集』全八巻の著書がある。明治38年(1905)歿、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たぐち‐うきち【田口卯吉】

[1855~1905]経済学者・文明史家。江戸の生まれ。号、鼎軒(ていけん)。「東京経済雑誌」を創刊、自由貿易を唱えて政府の経済政策を批判。明治27年(1894)より衆議院議員。「群書類従」「国史大系」を編集・刊行。著「日本開化小史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田口卯吉【たぐちうきち】

経済学者,史学者,政治家。号は鼎軒(ていけん)。江戸の人。初め医学を志したが,1874年−1878年大蔵省翻訳局に出仕して英語,経済学を修め,保護貿易を排して自由主義経済を主張する《自由貿易日本経済論》や自由主義文明史論《日本開化小史》で文名をあげる
→関連項目黒板勝美国民之友バックル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田口卯吉 たぐち-うきち

1855-1905 明治時代の日本史学者,経済学者,政治家。
安政2年4月29日生まれ。大蔵省勤務のかたわら「日本開化小史」をあらわす。明治12年「東京経済雑誌」を創刊,自由主義経済をとなえ,また「大日本人名辞書」「国史大系」などを編集。一方政財界でも活躍し,両毛鉄道社長,東京府会・市会議員,衆議院議員(当選6回)などをつとめた。明治38年4月13日死去。51歳。江戸出身。名は鉉。字(あざな)は子玉。号は鼎軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田口卯吉

没年:明治38.4.13(1905)
生年:安政2.4.29(1855.6.13)
江戸の徳川家の御家人田口樫郎と町子の次男に生まれる。本名は鉉,号は鼎軒。卯年の卯月に生まれたことから通称卯吉という。幼少期に父と兄を失い,赤貧のうちに育った。明治維新(1868)によって徳川家が静岡に転封されるに伴い沼津に移り,沼津兵学校フランス式兵学を学ぶ。医学学習を命じられて上京し,東大予備門に入ったが,授業への不満から退学。明治5(1872)年大蔵省翻訳局に入り洋書翻訳に当たったことが経済学を学ぶ契機となった。翻訳従事のかたわら諸新聞に政治論,経済論を投書,10年沼間守一らが創立した嚶鳴社に参加した。また同年,日本文明の開化を自由主義的立場から叙述した『日本開化小史』第1巻を出版し文名を高めた。 11年に官を辞し翌12年1月雑誌『東京経済雑誌』を発刊した。モデルは英国の経済雑誌『ECONOMIST』にあり,当初は渋沢栄一の択善会の援助を受けたが,のちに自立し独立で経営した。『東京経済雑誌』では,自由主義的な経済論,財政論を展開し政財界に影響を与えるとともに,各種の経済統計や市況を掲載し合理的根拠に立つ経済的思考の必要性を啓蒙した。特に13年に保護主義的経済論に立つ犬養毅の『東海経済新報』と論争を交えたことは著名である。15年自由党の創刊した『自由新聞』に客員として参加し経済関係の論説を担当した。また両毛鉄道株式会社創立に参加したり,南方開拓のための南島商会を設立するなど自ら実業に乗り出したが,成功はしなかった。経済論とならぶ田口の関心は歴史にあり,24年雑誌『史海』を発刊,25年久米邦武の「神道は祭天の古俗」を転載し大論議のきっかけをつくった。大規模な歴史資料集『国史大系』や『群書類従』の出版を実現するなど歴史学の発達に貢献するところは大きい。27年の初当選以来死去まで衆院議員を務め政界でも活躍した。彼の言論には自由主義的思考が一貫しており,明治期を代表する経済論,政論の論客であった。<著作>『鼎軒田口卯吉全集』全8巻<参考文献>塩島仁吉編『鼎軒田口先生伝集』

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

田口卯吉

1855〜1905(安政2年〜明治38年)【経済学者】「エコノミスト」の日本版「東京経済雑誌」を20代で主催。 政府の保護貿易を徹底して批判した。明治期の経済学者・歴史家。江戸に生まれる。維新後大蔵省翻訳局で経済学を学ぶ。1877年(明治10)からを刊行した「日本開化小史」では政府の保護貿易を批判。79年「エコノミスト」に範をとった「東京経済雑誌」を刊行、英国を模範に自由貿易を主張した。また「群書類従」「国史大系」など史書を編纂、歴史学にも多大な業績を残した。実業界では両毛鉄道の経営、東京株式取引所などに関係。東京府会議院から94年以後は衆議院議員。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たぐちうきち【田口卯吉】

1855‐1905(安政2‐明治38)
明治時代の自由主義経済学者。号は鼎軒(ていけん)。幕臣の子として江戸に生まれる。最初医学を志したが,大蔵省翻訳局上等生徒となり,英語,経済学を修め,《日本開化小史》(1877‐82)や《自由貿易日本経済論》(1878)を著す。1879年,《東京経済雑誌》を創刊して終生主筆を務め,自由主義経済学の紹介と指導にあたり,政府の経済政策を批判した。同時に,実業界,政界においても,83年に東京株式取引所肝煎,86年の両毛鉄道株式会社設立,80年以降の東京府会ならびに市会議員,さらに94年からの衆議院議員など幅広く活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たぐちうきち【田口卯吉】

1855~1905) 経済学者・文明史家。号は鼎軒ていけん。江戸生まれ。1879年(明治12)「東京経済雑誌」を創刊し自由主義経済を唱えて政府の経済政策を批判・論評。94年から衆議院議員。主著「日本開化小史」のほか、「群書類従」「国史大系」の編纂にも携わった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田口卯吉
たぐちうきち

[生]安政2(1855).4.29. 江戸
[没]1905.4.13. 東京
経済学者,歴史家。幼名は鉉,号は鼎軒。幕臣の子に生れ,12歳のとき徒士 (かち) 見習となり父祖の跡を継いだ。 15歳で沼津兵学校に学び,また尺振八 (せきしんぱち) の共立学舎で医学を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田口卯吉
たぐちうきち
(1855―1905)

明治期の経済学者、史論家、法学博士。出版などの経営も行う。安政(あんせい)2年4月29日、江戸目白台の徒士(かち)屋敷で生まれる。卯年卯月の生まれにちなんで名づけられた。名は鉉(みつ)、字(あざな)は子玉(しぎょく)、号を鼎軒(ていけん)という。姉に鐙子(とうこ)(1848―1886。明治女学校校長木村熊二(1845―1927)に嫁す)がある。維新に際しては徳川家に従って静岡の沼津に移り、1871年(明治4)上京、大蔵省に出仕、翻訳局などに勤める。1877年には『日本開化小史』全6巻の刊行を開始(1882年完成)、1878年には『自由交易日本経済論』をまとめ、1879年には『東京経済雑誌』を発行(初め月刊、のち月2回刊、旬刊、週刊となる)して、経済雑誌社をおこす。ここを中心に、さらに『支那開化小史(しなかいかしょうし)』『大日本人名辞書』『日本開化之性質』『日本社会事彙(じい)』を刊行、一方、歴史研究の個人雑誌『史海』(1891年5月発刊、1896年廃刊)も刊行し、久米邦武(くめくにたけ)の祭天古俗論に賛成する。『群書類従』『続群書類従』の出版に努め、さらに日本史研究の基本史料として『国史大系』『続国史大系』を編纂(へんさん)・刊行し、歴史研究の先駆、啓蒙(けいもう)的史論の中心となった。新聞・雑誌においては、イギリスのコブデン、スミス、リカードを尊敬するとして、経済自由論の立場から、政府の経済政策に対する批判を展開。他方、実際活動の面でも東京府会議員、衆議院議員などに当選し、とくに南洋諸島進出に関心を示した。明治38年4月13日、慢性萎縮腎(いしゅくじん)と中耳炎のために死去。谷中(やなか)墓地に葬られる。[松島榮一]
『『鼎軒田口卯吉全集』全8巻(1927~1929・大島秀雄/複製版・1990・吉川弘文館) ▽大久保利謙編『明治文学全集14 田口鼎軒集』(1977・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田口卯吉の言及

【国史大系】より

…明治以前の日本史を理解するために必要な史籍の叢書。啓蒙史家のひとり田口鼎軒(卯吉)編。17巻。1897‐1901年刊。次いで《続国史大系》15巻を刊行した(1902‐04)。《古事記》《日本書紀》から《徳川実紀》までを収録。国史の大きな系(たていと)にしたいという意気込みで,新造語〈大系〉を書名につけた。田口は,予約募集当初,通行本を翻刻しただけの簡便な出版を考えていたが,大学を卒業したばかりの黒板勝美の意見を入れ,厳密な校訂を施すことにし,その実務を黒板にあたらせた。…

【自由新聞】より

…これに対抗して,自由党が新たに日刊新聞として発行したのが,《自由新聞》である。株式会社組織として同志から資金を募集し,編集・発行には社長の板垣退助以下馬場辰猪,中江兆民,田口卯吉,末広鉄腸(重恭)など自由党の有力活動家,理論家が当たった。藩閥政府や政商,改進党などを攻撃し,自由民権運動を鼓吹する紙面づくりで自由党の支持者に広く読まれた。…

【東京経済雑誌】より

…明治・大正期の経済雑誌。1879年に自由主義経済学を信奉する田口卯吉が創刊,死去するまで主宰した。内外の経済情報や経済問題の論説を掲載したほか,政治・社会問題にも鋭い分析を行った。…

【日本開化小史】より

田口卯吉著。和装本6巻。…

※「田口卯吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田口卯吉の関連キーワード江戸幕府御庭焼御家人株御家人役十五代(徳川十五代)歌橋大道寺直次徳川重倫徳川重好当参の御家人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田口卯吉の関連情報