軌を一にする(読み)きをいつにする

精選版 日本国語大辞典「軌を一にする」の解説

き【軌】 を 一(いつ)にする

① 各地の車の両輪の幅を同一にする。また、幅が同一である。世の中または国家が統一され、ととのっているさまをいう。〔謝荘‐為八座江夏王請封禅表〕
② 車の通った同じくする。転じて、同じ行き方、立場をとる。
路上(1919)〈芥川龍之介〉一二「身綺麗な服装の胸へ小さな赤薔薇の造花をつけてゐる事は、いづれも(キ)を一(イツ)にしてゐるらしかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軌を一にする」の解説

いつに◦する

韓愈「秋懐詩」其一から》車の通った跡を同じくするように、立場や方向を同じくする。「考え方が―◦する」→を一にする
《「北史」崔鴻伝から。両輪の幅を同一にする》国家が統一される。
[類語]同じ共通通有普遍同一一律一つ類似相似酷似近似似たり寄ったり類縁髣髴通ずる通う通底する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android