コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描像 ビョウゾウ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐ぞう〔ベウザウ〕【描像】

像をえがくこと。また、その像。特に、物理学などで、現象や概念をわかりやすくイメージ化したもの。「量子力学描像」「宇宙の描像

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

描像の関連キーワードローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)ラザフォード散乱ド・ブローイファインマン21cm放射状態ベクトル固体電子論ファジー君天体観測近接作用自然放出震源過程銀河系太陽系変形核準粒子スピン宇宙論電子原子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android