コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描像 ビョウゾウ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐ぞう〔ベウザウ〕【描像】

像をえがくこと。また、その像。特に、物理学などで、現象や概念をわかりやすくイメージ化したもの。「量子力学描像」「宇宙の描像

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

描像の関連キーワードローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)ラザフォード散乱ファインマン21cm放射状態ベクトルド・ブローイ固体電子論ファジー君近接作用天体観測震源過程自然放出銀河系太陽系スピン変形核宇宙論準粒子電子空気

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

描像の関連情報