コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

提挙常平茶塩司 ていきょじょうへいちゃえんしti-ju-chang-ping cha-yan-si; t`i-chü-ch`ang-p`ing ch`a-yen-ssu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

提挙常平茶塩司
ていきょじょうへいちゃえんし
ti-ju-chang-ping cha-yan-si; t`i-chü-ch`ang-p`ing ch`a-yen-ssu

中国,宋代の官名提挙常平司と提挙茶塩司とを合せたもの。提挙は管理の意。前者は煕寧2 (1069) 年新法実施のためおかれ,常平,義倉免役,市易などを司り,後者は政和の初め (1111頃) におかれ,茶塩の専売事務を司った。茶塩のことは初め発運使に属し,のち転運,常平などの兼領であった。南宋になると,紹興5 (35) 年に両者を合せて提挙茶塩常平司と称し,同 15年に提挙常平茶塩司と改称された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

提挙常平茶塩司の関連キーワード転運使

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android