揚水(読み)あげみず

精選版 日本国語大辞典「揚水」の解説

あげ‐みず ‥みづ【揚水】

〙 高い所へ揚げるようにしかけた
太平記(14C後)七「あげ水なんどをよその山より懸(かけ)べき便(たより)はぬに、城中に水卓散(たくさん)に有りげに見ゆるは、如何様(いかさま)東の山のに流れたる渓水(たにみづ)を、夜々汲む歟(か)と覚えて候」

よう‐すい ヤウ‥【揚水】

〘名〙 水を上にあげること。また、そのあげた水。「揚水ポンプ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android