揚返し(読み)あげかえし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「揚返し」の解説

揚返し
あげかえし

(1) rereeling 繰糸機で繰枠に巻取られた生糸を,取扱いに便利な綛 (かせ) にするため,揚枠 (大枠) に巻返す作業。
(2) rewinding ボビンに巻かれた撚糸を綛の形にするか,またはボビンに巻返す作業。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「揚返し」の解説

あげかえし【揚返し】

(1)繰糸機で小枠に巻きとった生糸を枠1.5mの大枠に巻き返し一定量の(かせ)に仕上げる作業rereeling。(2)ボビンに巻かれた撚糸(ねんし)などを一定尺のとするため枠に巻き返す作業rewinding。生糸の揚返しは,幅,周,重量をそろえ,束装,荷造り,取扱いを便利にするため,繰糸中に生じた生糸のふしなどを除去するとともに,適度の枠角固着を与えての綾乱れが生じないようにするためなどの目的で行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の揚返しの言及

【製糸】より

…繭から生糸を作る諸工程の総称。広義では玉糸や野蚕(やさん)糸を作ることを含めることがあるが,一般にはカイコの作る繭を原料として生糸を作るための,生繭(なままゆ)の乾燥(乾繭(かんけん)),貯繭,原料調整,煮繭,繰糸(そうし)および揚返し,仕上げなどの一連の工程をいう。(1)乾繭 生繭を乾燥するのは,殺蛹(さつよう)して発蛾(はつが)を防ぎ,長期間貯蔵しても,カビが発生しないようにすることを目的としている。…

※「揚返し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android