コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撚糸 ネンシ

デジタル大辞泉の解説

ねん‐し【×撚糸】

糸を1本または2本以上そろえて(よ)りをかけること。また、その

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

撚糸【よりいと】

は撚りを加えると強度・弾性を増し,太さが平均されるなど,性能が向上するため,ほとんどが加撚(かねん)される。撚りの方向は左(Z)撚り,右(S)撚りの2種。撚り回数の多少で甘(あま)撚り,強(こわ)撚りに分け,単糸に加撚したものを片撚糸,2本以上撚り合わせたものを諸(もろ)撚糸という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんし【撚糸】

糸によりをかけること。また、よりをかけた糸。 「 -機」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の撚糸の言及

【織物】より

…さらにインドのモヘンジョ・ダロ遺跡や南アメリカのペルー北部のワカ・プリエッタ遺跡で発見された綿布の断片は,ともに紀元前3000‐前2500年ころとされている。中国では1958年に浙江省呉興銭山漾の新石器時代遺跡第4層内の竹筐(ちくきよう)の中から,平織の小裂(こぎれ)や撚糸,組帯が発見されている。その素材は家蚕の絹糸とされているが,この地層から併出した稲もみの放射性炭素による時代判定では紀元前2750±100年となっており,この時点で中国では養蚕がなされ,絹織物を製織していたことになる。…

【紡績】より

…加撚方法の異なる各種の方法があり,次のように分類される。(a)実撚法 リング,フライヤー,ポット,ミュール,オープンエンド(ローター式,吸着フリクション式その他),(b)仮撚法 結束法,交互撚糸法,(c)無撚法 糊着(こちやく)法,融着法,インターレース。 リング精紡機では木管をスピンドル(錘)にさし込み,スピンドルの回転によって加撚,巻取りを行うが(図2),糸の生産量はほぼこのスピンドルの数(錘数)によって決まるので,紡績工場の規模はこのスピンドルの数(錘数)で表す。…

【織物】より

…さらにインドのモヘンジョ・ダロ遺跡や南アメリカのペルー北部のワカ・プリエッタ遺跡で発見された綿布の断片は,ともに紀元前3000‐前2500年ころとされている。中国では1958年に浙江省呉興銭山漾の新石器時代遺跡第4層内の竹筐(ちくきよう)の中から,平織の小裂(こぎれ)や撚糸,組帯が発見されている。その素材は家蚕の絹糸とされているが,この地層から併出した稲もみの放射性炭素による時代判定では紀元前2750±100年となっており,この時点で中国では養蚕がなされ,絹織物を製織していたことになる。…

※「撚糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

撚糸の関連キーワード栃木県足利市田中町ちりめん(縮緬)クレープデシン楊柳クレープジョーゼット前原 悠一郎八百津[町]愛川[町]スピンドル風織り縮緬湖東[町]川島[町]早水台遺跡オットマン西野 藤助クレープ経緯縮緬ゼファー夏島貝塚一越縮緬

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撚糸の関連情報