コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害保険料率算出団体に関する法律

1件 の用語解説(損害保険料率算出団体に関する法律の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

損害保険料率算出団体に関する法律

公正な保険料率を算出するため設けられる損害保険料率算出団体の業務の運営を適正に行い、損害保険業の健全な発達を図り、保険契約者等の利益を保護することを目的として、昭和23年7月29日に公布、施行され平成8年4月1日に保険業法と同時に改正、施行されました。この法律に基づいて損害保険料率算定会自動車保険料率算定会の2団体が設けられています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の損害保険料率算出団体に関する法律の言及

【損害保険】より

…損害保険代理店,保険仲立人は保険業法により内閣総理大臣に登録しなければならず,これらの保険募集従事者の届出も定められている。 なお,損害保険会社は,損害保険料率算出団体に関する法律(1948公布,1998改正)により,共同で損害保険料率算出団体(公正な保険料率の算出の基礎としうる参考純率等を算出する等のための団体)を設立できる。1948年に損害保険料率算定会,64年に自動車保険料率算定会が設立された。…

※「損害保険料率算出団体に関する法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

損害保険料率算出団体に関する法律の関連キーワード参考純率損害保険料率算出機構損害保険料率損害保険料率算定会料率団体法自動車保険料率算定会算定会純保険料率自由料率保険料率表

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone