コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搗き交ぜる/舂き交ぜる ツキマゼル

デジタル大辞泉の解説

つき‐ま・ぜる【×搗き交ぜる/×舂き交ぜる】

[動ザ下一][文]つきま・ず[ザ下二]
杵(きね)などでついて、まぜ合わせる。「米に粟を―・ぜた餅」
種々のものを一緒にする。とりまぜる。
「お雪はいきかえりの旅を―・ぜて夫に話した」〈藤村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきまぜる【搗き交ぜる】

( 動下一 ) [文] ザ下二 つきま・ず
きねなどでついてまぜあわせる。 「穀類を-・ぜる」
異質なものをいっしょにしてまぜる。 「尊敬と軽侮とを-・ぜた其人に対する何時いつもの感じが/明暗 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

搗き交ぜる/舂き交ぜるの関連キーワードお雪軽侮

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android