白物(読み)しろもの

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐もの【白物】

〘名〙
① 白酒(濁酒)をいう女房詞。
※とはずがたり(14C前)一「御たづねのしろ物は、なににか侍るとたづねらる。〈略〉ありのままによのつねならず、しろき色なる九献を時々ねがふ事の侍を、かく石だたしく申なりといらふ」
② 塩をいう女房詞。
※海人藻芥(1420)「内裏仙洞には〈略〉塩はしろもの」
③ 豆腐をいう女房詞。
※御湯殿上日記‐明応七年(1498)一一月一五日「みつかんのおり、しろ物一おりまいる」
④ 清酒をいう女房詞。
※御湯殿上日記‐文明一七年(1485)九月三〇日「くはんしゆうしよりならのしろ物御たる一かまいる」
⑤ 雪をいう正月の忌み詞。
※諸国風俗問状答(19C前)備後国品治郡風俗問状答「元日の雨をおさかり、雪を白物ふれりと」
⑥ 植物「しらたまのき(白玉木)」の異名。〔日本植名彙(1884)〕

しろき【白】 物(もの)

① 白粉(おしろい)の古名。古くは米の粉で製したものという。しろいもの。
※延喜式(927)三七「造供御白粉(しろきもの)料、糯米一石五斗〈略〉並限卅日給」
② どの色にもそめてない白の装束。多くお産の際の装束。
※栄花(1028‐92頃)若水「女房達人知れずしろきものどもをいそぎそそきあへり」

しろい【白】 物(もの)

※宇津保(970‐999頃)あて宮「飯には、しろいもの振るひて入れ、敷物、袋など、めでたうして奉れ給へり」
② 雪。
③ 白髪(しらが)
※恍惚の人(1972)〈有吉佐和子〉四「白いものの多い髪をふり乱して」

はく‐もつ【白物】

〘名〙 白いもの。おしろい。
※源平盛衰記(14C前)八「紅粉(こうふん)・白物(ハクモツ)の様なるものを頬に付けたり」

しろき‐もの【白物】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android