摩尼宝殿(読み)マニホウデン

大辞林 第三版の解説

まにほうでん【摩尼宝殿】

〘仏〙 兜率天とそつてんにある摩尼珠で造られた宮殿。弥勒菩薩の宮殿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まに‐ほうでん【摩尼宝殿】

仏語。天上世界の摩尼宝珠で飾られた宮殿。兜率天、他化自在天などにある宮殿。
※平家(13C前)四「都士多天上摩尼宝殿よりあまくだり」 〔十住経‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android