コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撃壌歌 ゲキジョウカ

デジタル大辞泉の解説

げきじょうか〔ゲキジヤウカ〕【撃壌歌】

《「十八史略」などにみえる故事から》中国伝説時代の五帝の一人、の時、老人が太平を謳歌(おうか)して、大地を足で踏み鳴らして歌ったという歌。その詞は「十八史略」に「日出而作、日入而息、鑿井而飲、耕田而食、帝力何有於我哉(日出(いで)て作(な)し、日入りて息(いこ)う、井を鑿(うが)ちて飲み、田を耕して食(くら)う、帝力(ていりき)何ぞ我においてあらんや)」とある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

撃壌歌(げきじょうか)

吉野光の小説。1991年、第28回文藝賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

げきじょうか【撃壌歌】

中国古代の歌謡。伝説上の聖帝尭ぎようの世に、ある老人が太平を謳歌おうかして歌った歌。帝王世紀に「日出而作、日入而息、鑿井而飲、耕田而食、帝力于我何有哉」とある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

撃壌歌の関連キーワード撃壌歌謡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android