コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょう〔ゲウ〕【尭】

古代中国の伝説上の聖王五帝の一。暦を作り、無為のをなした。後を継いだ舜(しゅん)とともに後世理想の天子とされ、その政治は「尭舜の治」と称される。陶唐氏

ぎょう【尭〔堯〕】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ギョウ(ゲウ)(呉)(漢)
中国古代の伝説上の聖天子の名。「尭舜(ぎょうしゅん)
[名のり]あき・たか・たかし・のり・よし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

尭【ぎょう】

中国,古代神話・伝説上の帝王。天体の運行を正して暦法を定め,(こん)に治水を命じ,に位を譲るなどの事跡が伝えられるが,むしろ天帝的神格で実在的人物でない。後世歴史化され,とともに理想的帝王として尊崇された。
→関連項目禅譲放伐臨汾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょう【尭 Yáo】

中国,古代伝説中の帝王。姓は伊祁(いき),名は放勲,尭は(おくりな)。はじめ陶に,のち唐に封建されたので,陶唐氏と称した。黄帝の子孫とされる。優れた見識と徳によって人びとを導き,諸国の平和を出現した。また羲仲・羲叔・和仲(かちゆう)・和叔に命じて,東南西北の四方において,天文暦法を定め,民に時刻・四季・1年の推移を知らさせたので,農業をはじめ多くの産業が盛んになった。さらに中国の疆域を定め,12州に分け,刑罰度量衡などの制度を定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょう【尭】

中国、古伝説上の聖王。暦を作り、治水に舜しゆんを起用し、のち位を彼に譲った。舜とともに中国の理想的帝王とされ、尭舜と並び称される。唐尭。帝尭。陶唐氏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

尭の関連キーワード河野通直(3)城府を設けず五島ルイス唐虞三代松田政尭三皇五帝箕山の節里見義豊周慶親王尭風舜雨常嘉親王種子島流庭田重熙久我広通鼓腹撃壌久嘉親王完敏親王赤膚焼尭山焼尭儼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尭の関連情報