コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日出 ひい

6件 の用語解説(日出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日出
ひい

愛知県南東部,田原市南西部の地区。伊良湖岬の南側に位置し,背後に山を控え冬でも温暖。温室栽培が盛んで,電照菊 (→電照栽培 ) ,夏菊,メロンなどを産する。周年栽培が可能なメロンの温室団地もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっ‐しゅつ【日出】

太陽の上端が地平線上に現れること。また、その時刻。ひので。「日出時」⇔日没

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日出 にっしゅつ

1381-1459 室町時代の僧。
永徳元=弘和(こうわ)元年生まれ。日蓮宗。武蔵(むさし)の人。身延山久遠寺9世の日学に教化されて天台宗から改宗。伊豆(いず)三島(静岡県)に本覚寺をひらき,また鎌倉公方(くぼう)足利持氏(もちうじ)の寄進をえて鎌倉にも本覚寺を開創した。長禄(ちょうろく)3年4月9日死去。79歳。字(あざな)は是生。号は一乗房。著作に「永享問答記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

にっしゅつ【日出】

ひので。 ↔ 日没

ひじ【日出】

大分県北東部、速見郡の町。別府湾の北岸に位置し、旧城下町を母体に発展。城下ガレイを特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日出の関連キーワード永徳弘和天授足利尊満意雲桂久成雄正敬末次(2)治仁王

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日出の関連情報