日出(読み)ひい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日出
ひい

愛知県南東部,田原市南西部の地区。伊良湖岬の南側に位置し,背後に山を控え冬でも温暖。温室栽培が盛んで,電照菊 (→電照栽培 ) ,夏菊,メロンなどを産する。周年栽培が可能なメロンの温室団地もある。海食洞「日出の石門」があり,三河湾国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日出 にっしゅつ

1381-1459 室町時代の僧。
永徳元=弘和(こうわ)元年生まれ。日蓮宗。武蔵(むさし)の人。身延山久遠寺9世の日学に教化されて天台宗から改宗。伊豆(いず)三島(静岡県)に本覚寺をひらき,また鎌倉公方(くぼう)足利持氏(もちうじ)の寄進をえて鎌倉にも本覚寺を開創した。長禄(ちょうろく)3年4月9日死去。79歳。字(あざな)は是生。号は一乗房。著作に「永享問答記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にっしゅつ【日出】

ひので。 ⇔ 日没

ひじ【日出】

大分県北東部、速見郡の町。別府湾の北岸に位置し、旧城下町を母体に発展。城下ガレイを特産。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にっ‐しゅつ【日出】

〘名〙
① (━する) 日が出ること。太陽が地平線上にのぼること。ひので。
※羅葡日辞書(1595)「Sol〈略〉nixxutno(ニッシュツノ)コロニ」 〔詩経‐檜風・羔裘〕
② 日が出る時刻。日の出の時刻。特に、卯の刻(午前六時頃)をいう。〔いろは字(1559)〕

ひ‐の‐で【日出】

〘名〙
① 太陽が、東の空に上り始めること。また、その時刻。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※古活字本毛詩抄(17C前)三「毎日日の出時分に出仕して」
※評判記・野郎大仏師(1667‐68)伊藤小太夫「あっぱれ若衆の図じゃとてひのでの野良衆まで此人の風をにせらるると見ゆるこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日出の関連情報