五帝(読み)ごてい

大辞林 第三版の解説

ごてい【五帝】

中国古代の五人の聖君。諸説があるが、「史記」では黄帝・顓頊せんぎよく・帝嚳ていこく・唐尭とうぎよう・虞舜ぐしゆん、「帝王世紀」では小昊しようこう・顓頊・帝嚳・唐尭・虞舜とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐てい【五帝】

〘名〙 中国古代の聖君五人。諸説あって、「史記‐五帝本紀」は黄帝・顓頊(せんぎょく)・帝嚳(ていこく)・帝堯・帝舜とし、「書経‐序」は少昊(しょうこう)・顓頊・帝嚳・唐堯・虞舜とし、また、包犠(ほうぎ)・神農・黄帝・堯・舜をいうこともある。→三皇五帝
※経国集(827)二〇・栗原年足対策文・策問「龍鳳別紀、五帝不。金水逓旋、三王不襲礼」 〔周礼‐地官・大司徒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の五帝の言及

【三皇五帝】より

…中国古代伝説上の8人の帝王の総称。三皇と五帝に分かれる。戦国時代末に,伝説的な帝王を3人あるいは5人にまとめる考えがあり,天皇・地皇・人皇(泰皇ともいう)の三皇説があらわれる。…

【天帝】より

…天帝は元来は唯一神であったであろうが,その力を代行する職能神が実際的な力をふるったことや,春秋戦国時代には各国がそれぞれに天帝を祭ろうとしたことから,帝は必ずしも唯一のものではなくなる。漢代になると秦の畤(し)の祭祀を引きついで帝は五帝(五方の帝――青帝,赤帝,黄帝,白帝,黒帝)に整理され,五帝の上に昊天上帝(こうてんじようてい),太一(たいいつ),天皇上帝(てんこうじようてい)などと呼ばれる最高神が位置する天上のヒエラルヒーが完成する。皇帝【小南 一郎】。…

※「五帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五帝の関連情報