コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八史略 じゅうはっしりゃくShi-ba shi-lüe; Shih-pa shih-lüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十八史略
じゅうはっしりゃく
Shi-ba shi-lüe; Shih-pa shih-lüeh

中国の通俗史書。元の曾先之の著。2巻。以来しばしば加筆増補され,明の陳殷が音釈を,劉えんが標題を付した現行本は7巻。『史記』以下『五代史』までの 17の正史と,宋史の資料から重要な事実を抜粋,初学読本としたもの。史料的価値は低く通俗本であるが,中国王朝興亡の概略がわかり,多くの人物の略伝故事金言も含み興味深いため,朝鮮に流伝し,日本にも室町時代渡来江戸時代に盛んに読まれ,明治時代には全国小学校の教科書に採用され,多数の注釈書が出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

十八史略【じゅうはっしりゃく】

中国の史書。2巻。宋末・元初の曾先之の編。《史記》以下の17史に宋代の史書を加えたものを要約,編年体的に記述したもの。明の陳殷が字音と字義の解釈を付し,かつ7巻に分かって以後,7巻本が流布。
→関連項目服部南郭

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうはっしりゃく【十八史略 Shí bā shǐ lüè】

中国,太古より宋代までの簡略な史書。宋末・元初の曾先之(そうせんし)撰。2巻。通行本は後代の増補を経て,明の陳殷の音釈,劉剡(りゆうえん)の標題,王逢の点校を付した7巻本。十八史とは正史のうち《史記》から《新五代史》までの十七史に《宋史》の記事を加えるの意である。宋・元代以後,簡易な通史が一般に求められる風潮があり,元・明代の江西地方を中心とする南中国でこの書が歓迎された。史料的価値は低い俗書であるが,多くの故事,逸話を含み,初学者のための入門書として読まれてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうはっしりゃく【十八史略】

「史記」以下の一七史に宋代の史料を加えて一八史とし、これを概述した通史。二巻。元初の曽先之そうせんしの撰。明の陳殷ちんいんが音釈した通行本は七巻。日本では中国史の入門書として広く読まれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十八史略の関連キーワード十八史略(じゅうはちしりゃく)十八史略(じゅうはっしりゃく)臥榻の側,他人の鼾睡を容れず曽先之・曾先之おもな四字熟語一狐裘三十年呉下の阿蒙中国英傑伝近藤元粋巌垣龍渓皇朝史略鼓腹撃壌宋襄の仁藤江卓三壇秋芳咸宜園中国史曽先之撃壌歌勾践

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十八史略の関連情報