コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攻撃ヘリコプタ こうげきヘリコプタattack helicopter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

攻撃ヘリコプタ
こうげきヘリコプタ
attack helicopter

戦闘攻撃専用のヘリコプタヘリコプタは従来,近距離の戦術輸送,探索,救助など戦闘には直接参加しない任務が多かったが,性能の向上に伴い,ベトナム戦争で初めて攻撃専用の機種が登場した。胴体が細く,操縦士と射手が前後に座乗し,垂直離着陸能力と機敏な運動性を発揮して,機首の機関砲,胴体左右の短固定翼下面に取り付けたロケットミサイルなどの火器により,敵のヘリコプタや地上部隊を攻撃する。また味方地上部隊との間では固定翼機に比べて緊密な協力が可能。代表的な戦闘攻撃ヘリコプタは,アメリカ合衆国の AH-1SコブラAH-64アパッチ,ドイツフランスの共同開発になるタイガーイタリアの A129,ソビエト連邦のミル Mi-24,Mi-28,カモフ Ka-50/52などがある。日本の陸上自衛隊も AH-1と AH-64を保有する。 (→ボーイング AH-64アパッチ , ミル Mi-28 , ミル Mi-24 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

攻撃ヘリコプタの関連情報