コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放下師 ホウカシ

デジタル大辞泉の解説

ほうか‐し〔ハウカ‐〕【放下師】

江戸時代に現れた、放下3を行う俗体の者。放下つかい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうかし【放下師】

放下 を演ずる遊芸人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の放下師の言及

【放下】より

…放下は禅家から出た用語で,ものごとを放り投げて無我の境に入ることを〈放下す〉といった。室町期には僧形をした放下(家)僧や,烏帽子(えぼし)姿で恋歌を書いた短冊を笹竹に吊り下げ背に負った放下師などが活躍し,弄丸(ろうがん),品玉(しなだま),輪鼓(りゆうご)など,品物を空中に投げ上げて曲取りする散楽(さんがく)系の曲芸や,コキリコなどでリズムをとって物語り歌をうたい歩き,子女の人気を得た。近世にいたって俗人の手に移ってからは単に放下と呼ぶようになった。…

※「放下師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放下師の関連キーワード綾織り・綾織四つ竹打ち江戸時代御出木偶白化け都伝内四つ竹鉢開き曲芸忍術輪鼓刀玉豆蔵手品都座

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android