コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗体 ゾクタイ

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐たい【俗体】

僧でない一般の人の姿。⇔僧体
詩歌などのありふれた様式。
漢字俗字。また、その字体

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくたい【俗体】

僧でない、普通の人の姿。 ↔ 僧体
卑俗な様子。通俗的な様式・型。 「地の文をあまりに-にかたよらしめなば/小説神髄 逍遥
漢字の、俗字の字体。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の俗体の言及

【略字】より

…ただし文字もまた一つの規範であり,〈略字〉という表現そのものの中に,規範に反するものとする若干の非難の気持ちのこめられることは,また十分にありうることであろう。かつての中国で略字が〈省文〉〈省字〉などと呼ばれ,〈俗字〉〈俗体〉と考えられたとき,そこにはそうした意識もありえたと思われる。黙認されてはいても,いまの〈簡体字〉ほど自分の存在を主張できるほどのものではなかったであろう。…

※「俗体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

俗体の関連キーワード二階堂 トクヨ後鳥羽天皇像江戸繁昌記熊野曼荼羅小説神髄泡斎念仏僧形八幡干禄字書後藤艮山鎌倉彫刻地の文放下師法体像様式詩歌神像逍遥俗聖御山放下

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android