コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日待 ひまち

3件 の用語解説(日待の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日待【ひまち】

旧暦1・5・9月の15日または農事のひまな日に講員が頭屋(とうや)に集まり,斎戒して神をまつり徹宵して日の出を待つ行事。待つとは本来神のそばにいて夜明しする意味で,十干十二支の特定の日に物忌する庚申(こうしん)講や甲子(きのえね)講,月の出を待つ月待などを総称して待ちごとという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひまち【日待】

村の近隣の仲間が特定の日に集まり,夜を徹してこもり明かす行事。家々で交代に宿をつとめ,各家から主人または主婦が1人ずつ参加する。小規模の信仰行事で,飲食をともにして,楽しくすごすのがふつうである。神祭の忌籠(いみごもり)には,夜明けをもって終了するという形があり,日待もその一例になる。日の出を待って夜明しをするので日待というといわれる。宗教的なの集会を一般に日待と呼ぶこともある。集りの日取りにより,甲子待(きのえねまち),庚申待(こうしんまち)などと称しているが,十九夜待,二十三夜待,二十六夜待などは月の出を拝む行事で,日待と区別して月待と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日待
ひまち

村内の仲間の者が集まって、ある決まった日の夕刻より一夜を明かし、翌朝の日の出を拝して解散する行事。その期日は土地によってまちまちであるが、1、5、9月の16日とする所や、月の23日を重んずる所もある。なかでも6月23日が愛宕権現(あたごごんげん)や地蔵菩薩(ぼさつ)の縁日で、この日を日待とするのもある。また庚申講(こうしんこう)や二十三夜講の日を日待とする所もある。また土地によっては日待講というのもある。滋賀県神崎郡では、1、5、9月の15日に日と夜との境目に精進潔斎する。講員は米を持参して当番の家に集まり、御神酒(おみき)を持って神社に参詣(さんけい)する。香川県木田(きた)郡では、春と秋の2回、熊野神社の祭日に餅(もち)と酒を持参して本殿で頭屋(とうや)2人を中心として、天日を描いた掛軸を拝む。土地によっては日待小屋という建物があって、村の各人が費用を持参する例もある。変わったものに鳥取市北西部に「網(あみ)の御日待」というのがあり、9月15日に集まって大漁を祈願するという。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日待の関連キーワード集中度日待ち散票溜まり場夜を徹する夜を日に継ぐ輻湊夜を徹す通貨先物(Financial Futures)RI内用療法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日待の関連情報