コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射性鉱物 ほうしゃせいこうぶつ

百科事典マイペディアの解説

放射性鉱物【ほうしゃせいこうぶつ】

ウラン,トリウムラジウムなどの放射性元素を相当量含有する鉱物。それら放射性元素の崩壊で放射能を有し,ガイガー計数管や写真フィルムに感ずる。ピッチブレンド,センウラン鉱,リン灰ウラン鉱,モナズ石など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射性鉱物
ほうしゃせいこうぶつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の放射性鉱物の言及

【鉱物】より

…この方法は鉱物の決定を行うにあたり長年にわたって用いられてきた手法であって,現在並用されているX線粉末回折法とともに鉱物学に欠くことのできない方法である。(10)放射性 鉱物のなかにはウラン,トリウムなどを含有し放射性をもつものもあり,放射性鉱物と呼ばれている。センウラン鉱,モナザイトなどいくつかの鉱物がこれに属する。…

※「放射性鉱物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放射性鉱物の関連キーワードアイソトープ放射能探査メタミクト多色性ハロカルノー石飯盛里安物理探査ギーゼル希ガス多色暈

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android