コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線宿酔 ほうしゃせんしゅくすいradiation sickness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射線宿酔
ほうしゃせんしゅくすい
radiation sickness

放射線照射の直後ないし数時間後に現れる一過性の全身反応で,胃腸症状 (吐き気,嘔吐など) ,循環器症状 (頻脈血圧低下など) ,精神神経症状 (頭痛,めまい不安感など) がみられる。照射容積が大きいほど発現率は高く,上腹部照射の場合に多いとされている。また,肝疾患,アレルギー体質の人,つわり経験者,神経質な人などにも多い。原因は不明であるが,放射線による細胞破壊産物という説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

放射線宿酔の関連キーワード放射線照射二日酔い

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線宿酔の関連情報