コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線肺炎(読み)ほうしゃせんはいえん

家庭医学館の解説

ほうしゃせんはいえん【放射線肺炎】

 肺がん、縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)、乳がん、食道がんなどの治療のために、胸部X線照射を行なうと、照射後6週から3か月して間質性肺炎(かんしつせいはいえん)がおこることがあります。これを放射線肺炎といいます。
 症状は、せき、発熱、呼吸困難、頻呼吸(ひんこきゅう)です。胸部X線写真では、照射した部位に一致した、浸潤(しんじゅん)(組織がおかされたようす)の陰影がみられます。進行すると、組織に線維が増えてかたくなり、肺は縮小します。
 診断は、X線照射治療の病歴、X線照射した部位の異常陰影から、容易にできます。
 治療は、初期であればステロイド薬が効きます。
 がんなどを根治する目的で大量に照射すれば、間質性肺炎が生じるのは避けられませんから、照射する部位を小さくするなどの配慮が行なわれています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

放射線肺炎の関連情報