コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政岡憲三 まさおか けんぞう

1件 の用語解説(政岡憲三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

政岡憲三 まさおか-けんぞう

1898-1988 大正-昭和時代のアニメーション作家。
明治31年10月5日生まれ。マキノプロダクションで映画技術を習得。昭和7年日本最初のトーキーアニメ「力と女の世の中」を製作。22年山本早苗らと日本動画を設立した。昭和63年11月23日死去。90歳。大阪出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。代表作に「くもとちゅうりっぷ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の政岡憲三の言及

【アニメーション映画】より

…当時《凸坊新画帖》という肩書で公開されたE.コールらの作品の現物を分析して,手探りでそのトリックを解明するところからスタートした。次いで幸内純一門下の大藤信郎の〈千代紙映画〉(《馬具田城の盗賊》1926)が生まれ,やがて洋画,日本画を学びマキノ・プロを経てきた政岡憲三が登場し,《森の妖精》(1935),《べんけいとウシワカ》(1939)などの意欲作を発表するとともに,家内工業スタイルだったこの世界に,近代的な製作スタイルを導入して合理化を進めた。瀬尾光世をチーフ・アニメーターとする政岡映画の製作スタッフが,今日の日本のアニメ製作者の源流を形成したといえる。…

※「政岡憲三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

政岡憲三の関連キーワード森白甫会田ヒデ大下常吉大藤信郎大山菊治小笠原光雄金沢孝次郎観世銕之丞(7代)高瀬伝高橋英吉(1)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政岡憲三の関連情報