コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故混馬鹿集 ココンバカシュウ

デジタル大辞泉の解説

ここんばかしゅう〔ココンばかシフ〕【故混馬鹿集】

江戸後期の狂歌集。20巻2冊。朱楽菅江(あけらかんこう)編。天明4年(1784)刊。体裁を古今和歌集にまねて、天明調狂歌の典型を示したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ここんばかしゅう【故混馬鹿集】

〔名は「古今和歌集」のもじり〕
狂歌集。二〇巻。朱楽菅江あけらかんこう編。1785年刊。菅江・四方赤良よものあから・唐衣橘洲からごろもきつしゆうらの狂歌一千百余首を収める。天明調狂歌の代表的作品集。狂言鶯蛙おうあ集。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

故混馬鹿集の関連キーワード唐衣橘洲もじり

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android