コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会憲章 きょうかいけんしょう Constitutio dogmatica de Ecclesia

1件 の用語解説(教会憲章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教会憲章
きょうかいけんしょう
Constitutio dogmatica de Ecclesia

正式名称は「教会に関する教義憲章」。第2バチカン公会議 (1962~65) で決定された最も重要なカトリック教会の文書。原文はラテン語で,教会の本質と使命についてのカトリック教会の基本的教理を宣明したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教会憲章の関連キーワードISOナウムブルク大聖堂労働法MFA国旗国歌法在任特例北極教会マルトラーナ教会ギャリソン教会イグレシア・ニ・クリスト