教育バウチャー(読み)きょういくバウチャー(英語表記)education voucher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教育バウチャー
きょういくバウチャー
education voucher

公教育制度に市場原理を導入し,公教育の画一性を打破しようとするアメリカの教育改革の構想。 1950年代に M.フリードマンにより提唱された。まず児童生徒一人あたりの教育費相当額を教育バウチャーとして親に交付する。親は子供のために自由に学校を選択し,教育バウチャーを学校に支払う。その結果,学校間に競争状態が生れ,教育の質が向上する,というもの。実験的な導入が試みられているが,現在まで支配的な制度としては採択されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教育バウチャー

一般的には、子どもがいる家庭が行政からバウチャー(利用券)を受け取り、国公私立を問わず、通わせたい学校に提出、学校は集めた生徒数に応じて運営費を獲得できる制度を意味する。米国の一部やニュージーランド、チリなどで導入されているが、対象を低所得者に限定したり、バウチャーを発行しなかったりと、様々な形態がある。

(2006-10-22 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育バウチャーの関連情報