教育訓練給付制度

ビジネス用語集の解説

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度とは、職業能力開発訓練を支援し再就職するスキルアップ促進を目的とする
雇用制度の事をいいます。

就労スキルとなる資格を取得する際には受講費など多額の費用がかかります。
それを理由に資格取得を断念するのではなく教育訓練費の一部を支援する事でスキルアップさせ
雇用の安定や再就職の促進を目的とし厚生労働省が支援事業を行っています。
簿記や情報処理関連・社会保険労務士資格など、その資格の種類は多岐に渡っています。
職業訓練受講開始日が雇用保険に加入してから3年以上経過している場合、教育訓練施設に
支払った金額の20%相当額または上限10万円までをハローワークより受給する事が可能です。
受講開始日既に雇用保険から脱退していても、直近の雇用保険加入期間が3年以上を満たしており
脱退日から1年以内に受講開始すれば支給を受ける事が可能です。

ハローワークに申請する事で受給できるようになりますので、更なるスキルアップを目指す方は
是非利用するとよい制度でしょう。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょういくくんれん‐きゅうふせいど〔ケウイククンレンキフフセイド〕【教育訓練給付制度】

労働者が主体的に能力開発に取り組むことを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的として設けた雇用保険の給付制度。厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、費用の一部が支給される。→教育訓練給付

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android