教観二門(読み)きょうかんにもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教観二門
きょうかんにもん

仏教用語。教相門と観心門のこと。教相門は仏教の教理,哲学を理論的に究明して,これを体得する方面であり,観心門とは,修行などの実際の体験を通じて仏教の説く真理に接近する方面をいう。特に,天台宗では,この両者のいずれか一方にかたよることを認めず,両者相まってこそ仏教の真理を体得しうるとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android