数が知れる(読み)スウガシレル

デジタル大辞泉の解説

数(すう)が知・れる

(多く、打消しのを伴う)どの程度だかわかる。たかが知れる。
「何所(どこ)まで押が重(おもた)いんだか―・れないと思って」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すう【数】 が 知(し)れる

(数えきれるの意から) 程度がわかる。たいがいである。打消の表現を伴って用いられることが多い。
※歌舞伎・処女評判善悪鏡(白浪五人女)(1865)二幕「是れほど持って居やあがって、有るのねえのと喰隠し、どこまで太えか数(スウ)が知(シ)れねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android