コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数差/員刺/籌刺 カズサシ

デジタル大辞泉の解説

かず‐さし【数差/員刺/×籌刺】

賭弓(のりゆみ)競べ馬歌合わせ鶏合わせなどの勝負で、勝った回数を数えるために、数取りの串(くし)または枝を、数立てに差し入れること。また、差し入れる人。かずとり。
「―座に居(すわ)りぬれば、既に合はするに」〈今昔・二八・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

数差/員刺/籌刺の関連キーワードドップラー航法装置ブレードシャーシーレーザージャイロ市内特別郵便物ニューランズ八級賃金制標準時検波

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android