数量要因(読み)すうりょうよういん(英語表記)quantum factor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数量要因
すうりょうよういん
quantum factor

輸出入,生産,消費などの金額,価格に変化をもたらす数量の変動要因のこと。たとえば,輸出入金額の変動の数量要因は,輸出入品目の数量の変動である。輸出入金額動向を分析する際には,価格要因と数量要因に分けて行なうことが多い。この場合,数量要因分析には通常,輸出入数量指数の伸び率が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android