コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価格要因 かかくよういんprice factor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価格要因
かかくよういん
price factor

輸出入,生産,消費などの金額,数量に変化をもたらす価格の変動要因のこと。たとえば,輸出入金額の変動についての価格要因とは,輸出入価格の変動やその要因となる為替レート,市況などの変動であり,輸出入数量の変動についての価格要因は,国内外の相対輸出価格,国内物価などの変動を指す。輸出入金額の動きを分析する際には,価格要因と数量要因に分けて行なうことが多く,価格要因分析には通常,輸出入価格指数の伸び率が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

価格要因の関連キーワード輸出関数・輸入関数国際競争力売上高

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

価格要因の関連情報