コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷手 シキテ

デジタル大辞泉の解説

しきて【敷手】

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗壱越(いちこつ)調の中曲。舞は四人舞。渤海(ぼっかい)の貢ぎ船を歓迎して作ったという。番舞(つがいまい)は裹頭楽(かとうらく)。重来舞(しきまい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきて【敷手】

舞楽の一。右方の新楽。高麗こま壱越いちこつ調の中曲。文の舞。常装束で舞う四人舞。左舞の青海波の番舞つがいまいとされる。志岐伝。志岐手。重来舞しきまい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敷手の関連キーワード青海波(雅楽)青海波参り物常装束雅楽新楽右方舞楽輪台志岐

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android