敷波重治郎(読み)しきなみ じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敷波重治郎 しきなみ-じゅうじろう

1872-1965 明治-昭和時代の解剖学者。
明治5年2月12日生まれ。東京帝大助手となり,ドイツに留学。東北帝大医科大学助教授兼同大医学専門部教授,のち岡山医大教授をつとめる。立体模型作製,器官初期発生の研究で知られた。昭和40年7月24日死去。93歳。石川県出身。第四高等学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android