コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本薩夫 やまもとさつお

6件 の用語解説(山本薩夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本薩夫
やまもとさつお

[生]1910.7.15. 鹿児島
[没]1983.8.11. 東京
映画監督早稲田大学独文科中退後,1933年松竹に入社,成瀬巳喜男に師事,1934年 PCL (東宝の前身) に転じて 1937年処女作『お嬢さん』を発表した。第2次世界大戦後,亀井文夫と共同で『戦争と平和』 (1947) を発表,戦争の悲劇を強烈に描いて注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐さつお〔‐サツを〕【山本薩夫】

[1910~1983]映画監督。鹿児島の生まれ。成瀬巳喜男に師事。社会派として知られる。代表作「真空地帯」「白い巨塔」「戦争と人間」「華麗なる一族」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山本薩夫【やまもとさつお】

映画監督。鹿児島市生れ。左翼学生運動に加わって早大を退学。1933年松竹蒲田入社,1934年師・成瀬巳喜男とともにPCL(東宝の前身)に移籍,1948年の東宝争議で退社。
→関連項目吉永小百合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本薩夫 やまもと-さつお

1910-1983 昭和時代の映画監督。
明治43年7月15日生まれ。成瀬巳喜男に師事し,昭和12年PCL(のちの東宝)の「お嬢さん」で初監督。戦後,亀井文夫と「戦争と平和」を共作。23年東宝争議で退社,のち独立プロを中心に活動した。昭和58年8月11日死去。73歳。鹿児島県出身。早大中退。作品に「白い巨塔」「戦争と人間」「あゝ野麦峠」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとさつお【山本薩夫】

1910‐83(明治43‐昭和58)
映画監督。戦後日本の独立プロ運動の先駆者であり,〈左翼〉のレッテルをはられながら商業主義体制のなかで大衆娯楽映画をつくりつづけた異色の〈社会派〉の巨匠である。官吏の子として鹿児島市に生まれ,四国の松山中学をへて早稲田大学に学び,演劇を通じて左翼の学生運動に加わって退学処分を受ける。1933年,松竹蒲田撮影所に入って成瀬巳喜男の助監督となり,34年,成瀬についてPCL(東宝の前身)に入社。吉屋信子短編小説の映画化《お嬢さん》(1937)を第1作として監督に昇進する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本薩夫
やまもとさつお
(1910―1983)

映画監督。鹿児島市生まれ。左翼運動により早稲田(わせだ)大学独文科を1年で中退。1933年(昭和8)松竹蒲田(かまた)へ。成瀬巳喜男(なるせみきお)の助監督につき、成瀬の移籍に従いPCL(東宝の前身)入社。1937年に監督昇進、『熱風』(1943)で注目されるが、本格的活躍は第二次世界大戦後、東宝争議で退社後のフリー時代に始まる。1950年代独立プロ運動の先陣となった『暴力の街』(1950)、痛烈な皇軍告発の『真空地帯』(1952)、農婦の一代記『荷車の歌』(1959)、裁判批判の『証人の椅子(いす)』(1965)等のメッセージ映画に力量を発揮、左翼社会派作家の地位を不動にした。一方、『白い巨塔』(1966)、『華麗なる一族』(1974)、『金環蝕(しょく)』(1975)、『不毛地帯』(1976)等の作品では、医、政財界の裏面劇をメロドラマ的手法で重厚に描き娯楽映画の才腕も示す。この両面性は時代劇『忍びの者』(1962)、『戦争と人間』三部作(1970~1973)、『あゝ野麦峠』(1979)にもみられる。遺作『あゝ野麦峠・新緑篇(へん)』(1982)。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

お嬢さん(1937)
母の曲 前後篇(1937)
田園交響曲(1938)
家庭日記 前後篇(1938)
新篇丹下左膳 隻手(そうしゅ)篇(1939)
(うる)はしき出発(1939)
街(1939)
リボンを結ぶ夫人(1939)
そよ風父と共に(1940)
姉妹の約束(1940)
歌へば天国(1941)
翼の凱歌(1942)
熱風(1943)
戦争と平和(1947)
こんな女に誰がした(1949)
暴力の街(1950)
箱根風雲録(1952)
真空地帯(1952)
日の果て(1954)
太陽のない街(1954)
愛すればこそ~第三話「愛すればこそ」[吉村公三郎、今井正とのオムニバス](1955)
市川馬五郎一座顛末(てんまつ)記 浮草日記(1955)
雪崩(1956)
台風騒動記(1956)
赤い陣羽織(1958)
荷車の歌(1959)
人間の壁(1959)
武器なき斗い(1960)
松川事件(1961)
乳房を抱く娘たち(1962)
忍びの者(1962)
赤い水(1963)
続・忍びの者(1963)
傷だらけの山河(1964)
にっぽん泥棒物語(1965)
証人の椅子(1965)
スパイ(1965)
氷点(1966)
白い巨塔(1966)
にせ刑事(1967)
座頭市牢(ろう)破り(1967)
ドレイ工場(1968)
牡丹燈籠(ぼたんどうろう)(1968)
ベトナム(1969)
天狗(てんぐ)党(1969)
戦争と人間 第一部 運命の序曲(1970)
天皇の世紀~第1話「黒船渡来」(1971)
戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河(1971)
戦争と人間 第三部 完結篇(1973)
華麗なる一族(1974)
金環蝕(1975)
不毛地帯(1976)
天保水滸伝(てんぽうすいこでん) 大原幽学(1976)
トンニャットベトナム(1977)
皇帝のいない八月(1978)
あゝ野麦峠(1979)
アッシイたちの街(1981)
あゝ野麦峠 新緑篇(1982)
『山本薩夫著『私の映画人生』(1984・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本薩夫の言及

【忍びの者】より

…いずれも戦国時代が舞台で,史実に取材し,歴史の裏面で暗躍した忍者たちの姿を実録ふうに描く。山本薩夫監督による第1作は,伊賀の下忍(げにん)(下級の忍者)石川五右衛門を主人公に,織田信長の命を狙う忍者たちの活動を実証的リアリズムで描き,忍者の掟と人間らしい愛との相克に苦悩する主人公をとおして,組織の非情さ,政治の非人間性を浮彫りにした。忍術使いを忍びの者といいかえたことに象徴されるように,そして,実在の大泥棒として知られる石川五右衛門を忍者組織の一員にしたこと,忍びの技を合理的解釈で描くこと,物語に史実を巧みにからめたことなどに見られるように,かつての荒唐無稽な忍術映画は,ここでリアリズム映画に一変したといえる。…

【日本映画】より

… GHQの映画政策に沿う形で,観念的で生硬なものから真に自由な映画としての力をもったものまで,さまざまな民主主義映画が生まれた。45年の田中重雄《犯罪者は誰か》,松田定次《明治の兄弟》,牛原虚彦《街の人気者》,46年の木下恵介《大曾根家の朝》,今井正《民衆の敵》,黒沢明《わが青春に悔なし》,楠田清《命ある限り》,溝口健二《女性の勝利》,47年の五所平之助《今ひとたびの》,亀井文夫・山本薩夫《戦争と平和》などである。そして,すぐれた映画作家はさらに独自の展開を示し,黒沢明は《素晴らしき日曜日》(1947),《酔いどれ天使》(1948),《野良犬》(1949)を,吉村公三郎(1911‐ )は《安城家の舞踏会》(1947),《わが生涯のかがやける日》(1948)を,溝口健二は《夜の女たち》(1948)を,今井正(1912‐91)は《青い山脈》(1949)を,木下恵介は《破れ太鼓》(1949)をつくった。…

※「山本薩夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本薩夫の関連キーワード今井正映画監督独立プロ山村聡インディーズ先駆者三・一独立運動近代映画協会宮島義勇俳優独立プロダクション

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本薩夫の関連情報